高校留学はかけがえのない現地での友人関係を築くことが出来ます

SITEMAP

High School

お知らせ

2016/09/05
住環境、学ぶ目的を見極めて高校留学を更新しました。
2016/09/05
高校留学のメリットー現地高校と専門学校を更新しました。
2016/09/05
高校の交換留学の費用に関してを更新しました。
2016/09/05
団体サポートが充実している高校の交換留学を更新しました。

高校留学が可能な国とは?

考えている女性

過去の高校留学では、留学先が限られておりました。その為選択すると言うよりかは、『この国で良いんじゃないか』などと、曖昧に決定されている部分がどうしてもありました。
近年だと高校留学が出来る国が、大幅に増加して来たので、留学する個人の希望により、スムーズに選び出せるようになりました。『一体どの国が自身と最も相性が良く、生活を送りやすいのか?』
『どんな環境により、その国の語学をしっかりと学びたいのか?』
などを代表として、他にも様々な視点から真剣に考慮して行き、賢く選べるようになったので、凄く楽しかったりします。高校留学の滞在先には、カナダ・アメリカ・イギリス・フランス・スペイン・イタリア・ドイツ・アイルランド・ニュージーランド・オーストラリア・台湾・中国などが挙げられます。それぞれの国により、人種・物事に対する捉え方、受け止め方などが随分と違っております。
これらのように、いっぱいある留学先の中から、じっくりと時間を費やし1つに絞るのは、恐らくかなり迷う事でしょう。トラブルなく外国の語学を、気持ち良く覚えて行けるかは、毎日の生活サイクルによる所が、意外に大きかったりします。ですのでホームスティ先での、現地のご家族との人間関係や、食生活・気候などが強く影響して来ます。

高校留学のメリットとデメリットについて

私は現在ロサンゼルスで長期留学をしている者です。高校留学を経験しているわけではないのですが、当時に高校留学制度で1年間の長期留学をしていた同級生がいたのでその友人の経験を兼ねて書かせて頂きます。高校留学は一般的に高校1年の時期に計画を始め、カウンセラーと相談し、翌年の高校2年の夏ぐらいから出発します。ここでは高校留学のメリットとデメリットについてを私なりに紹介していきたいと思います。
まずデメリットとして、主に帰国後の受験を見据えて計画しなければならないことです。理想が高すぎて、理想を追うことで現実が見えなくなってしまいます。理想を持って留学することはすごく良いことなのですが、仮に日本の大学を受験予定の場合なら帰国後の勉強計画や指定校推薦などを視野にいれながら計画しなければなりません。1年留学では3年生終わりまでに帰国しなければならないので、高校2年からの留学の際はしっかりとした計画をしましょう。中学3年生からの卒業目的での高校留学の際でも同じです。
最後にメリットとして、高校留学はかけがえのない現地での友人関係を築いたり、文化や言語の壁にぶつかりながら視野を広げつつ成長し、あなた自身が本当にしたいことを知るきっかけにもなります。デメリットよりもメリットの方が多いことは確かです。

高校留学で国際感覚を身に着けよう!

国際化がどんどん進むなか、高校留学に興味を持つ高校生もどんどん増えてきました。1~2週間ほどの短期留学から、1年の長期留学まで種類もさまざまです。もちろん、海外の高校で履修した単位は、日本の高校の単位として認められることも多いです。今では日本で認められる単位も、30単位から36単位まで増えたほど。それだけ高校留学のニーズが増えているのです。
高校留学の主な高校留学先は、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアが多いです。ホームステイの制度が充実していること、比較的なまりの少ないきれいな発音の英語を学べること、治安も安全なことがおすすめの留学先の条件でもあります。
高校生にとって、特に長期の高校留学になればなるほど、言葉の壁、宗教や文化の違いの壁など、さまざまな問題にぶち当たることでしょう。しかし、中学生から高校生の間は、とても適応力、吸収力に優れています。親元を離れ、自立力も養うこともできます。カルチャーショックや、文化や人種の違いを受け入れること。生の英語に触れることで、今後の社会に役に立つ、インターナショナルな国際感覚も身に着けることもできるのです。
海外で短期間でも生活していた経験は、一生の思い出にもなります。遠く離れた異国での友人もかけがえのない人生の宝物になるはずです。

現代社会では国際経験というものが非常に役に立ちます。社会人になったときにそういった経験があるだけで、かなり待遇が良くなることもあるくらいなのです。ですから、高校留学で国際経験をしっかりと積んでおくというのは重要なこととなっています。若いうちにしかできない経験でもあるので、ぜひ前向きに検討してみてください。

おすすめ記事

TOP